エスティマ

a0007_001777

 

そのジャンルのクルマを代表する存在であると言うことは、そのクルマが有名であると言うことにほかなりません。もちろんその車が売れたから、と言うこともありますが、ほかにもいろいろな面で人気が出たりイメージに残りやすいクルマだったから、と言うこともあります。

 

そのひとつの例が、「ミニバンを代表するクルマ」とまで言われたトヨタのミニバンのリーダー格とされている「エスティマ」です。エスティマは人気のミニバンとしてランキングに入ることが良くありますが、初代のエスティマから爆発的なヒットをしていたわけではなく、2代目のエスティマから新車販売台数で3位に入るなどの快挙を達成した、まさに「どん底から這い上がって来た」と言うイメージの強いのがエスティマです。

 

初代は非力なエンジン、大きいボディで価格が高いと言うことからライバルのミニバンに苦戦し、その反省を活かして2代目のエスティマでトップの座に躍り出たと言うわけです。このようにして見事復活を果たしたエスティマは現在は3代目が販売されており、ハイブリッドエンジンを搭載したモデルのエスティマである「エスティマハイブリッド」が発売されるなど、売れ行きは好調なミニバンです。