スタッドレスタイヤの寿命を理解する

スタッドレスタイヤが冬タイヤとしての機能を果たしていられる期間は平均3シーズンと言われているのですが、その寿命は当然運転や保存の方法によって変わってきます。ではスタッドレスタイヤの寿命の定義とはどういったことなのでしょう。それは主にどのタイヤでも共通して言えるタイヤの溝がすり減って来た際、それも溝の約50%を消費したときはスタッドレスタイヤの機能は失われてしまいます。

 

スタッドレスタイヤの機能を失う事は雪の多い地域の方にとっては非常に危険な事でもあります。ただタイヤの状態がそういった状態になったとしても一概に使用出来ない訳ではなく、安全運転をしている方ではそこまで事故率が増える訳ではないと思います。それでも急に止まる事のできない状態である以上、危険である事には変わりありませんので早めの交換が必要になります。こういった溝に関しての事が寿命の一つで、他にもタイヤの硬度も寿命に関係してきます。

 

スタッドレスタイヤの特徴として夏タイヤと比較して柔らかく出来ています。この柔らかさが雪道を安全に走る為に必要な特徴でもあるのですが、オフシーズンの際の保存状態が悪いとタイヤがどんどん硬くなってしまう事があります。そうするとスタッドレスタイヤの機能が低下してしまう原因になります。こういったような何が寿命なのかと理解しておくと交換の際に少しは役に立つと思います。