スタッドレスタイヤと夏タイヤ

スタッドレスタイヤの冬期に安全に車を運転する為に必要なタイヤであり、今現在多くの人々が利用している欠かせないものです。このタイヤの寿命は一般的に3シーズンくらいと言われていますが、それはあくまで目安であり使い方・環境・保存の方法などあらゆる事で寿命は変化します。そしてこのタイヤの寿命なのですが、寿命が尽きる=タイヤとして使用出来なくなるという事ではありません。

 

スタッドレスタイヤの寿命とは冬タイヤとして機能しなくなるという事なのです。とはいってもこういった事を知らない方でも冬が終わってもタイヤを履き替えない方も大勢いらっしゃると思いますが、そういった認識で問題はないのです。しかしスタッドレスタイヤを夏場に利用する事は問題ないのですが、あくまでスタッドレスとしての機能が失われてからの方が良いのです。夏場の路面でまだ使えるスタッドレスタイヤを使用してしまうと劣化の原因になりますので、次シーズンには使えなくなる事も十分にあります。

 

なので、溝も消費して硬くなってしまった際に夏タイヤとしての利用をするのが良いです。一応注意すべき点はいくら夏タイヤとして使えるといっても夏タイヤと同じ挙動があるわけではありません。あくまで冬タイヤ用として作られているものなので、運転の際は注意を払って使用したいものです。