スタッドレスタイヤの点検

今ではスタッドレスタイヤは冬期には必要不可欠なものになっています。しかしこのタイヤ自体の寿命はそこまで長期的に本来の機能を果たせる訳ではありません。なので、まだ使えるのか、もうスタッドレスとしての機能を果たしていないのかといった現状を理解する必要があります。

 

そういった現状を理解する事に必要になるのはタイヤの点検です。タイヤの点検はガソリンスタンドなどで手軽にしてもらう事が出来るのですが、点検しようと至った際に毎回通うには少し面倒に感じると思います。そうならない為にも多少は個人的にタイヤの点検を出来る方が楽であるとも言えます。タイヤの点検といってもそこまで難しい事ではありません。基本的に抑えておけば良いのはタイヤの溝、そしてタイヤの硬さです。タイヤの溝に関しては本来の溝の50%を消費していたらスタッドレスの効果が発揮していないと言えます。

 

この確認はプラットホームを基準に溝の消費具合を確認する事でできます。そして次にタイヤの硬度です。スタッドレスタイヤは夏タイヤと比較して柔らかいということで冬道に適している事でもあります。それが硬くなっていると効果が出ないので、手でぐっと押して硬さを調べる事によって確認出来ます。軽くへこむようであれば問題ないと言えると思います。心配な場合には専門の方にしてもらうのが一番ですが、こまめに自分で確認出来る様にしておくと便利ですね。