荒い運転はしない

スタッドレスタイヤの寿命はタイヤを丁寧に保管する事も関係してきますが、いかにタイヤに負担をかけない様にする事も大切になってきます。スタッドレスタイヤの寿命は一般的には3シーズン程度と言われていますがそれはおそらく平均的な数字であって、日頃のタイヤにかける負担を減らす事によってそれよりもぐっと寿命を延ばす事も出来る事が出来ると思います。

 

それにはまず日頃の運転を丁寧にする事を心がける事が大切だと思います。例えば急発進や急ブレーキは通常の運転の際と比較して圧倒的にタイヤにかかる負担は大きいものです。急ブレーキなどを自ら進んでする事はまずないと思いますが、それでも運転の荒い方に限っては他の方と比べて急ブレーキなどは多いものだと思います。そういった事の積み重ねによってタイヤを交換までの期間が短縮されてしまう事もあると思います。

 

最近のスタッドレスタイヤの価格は以前とは違い比較的安価で手に入れやすい物も増えています。しかしそれでも4本揃えるとそれなりの値段になってしまうのです。ちょっとした運転の心がけ一つで無駄な出費を抑える事が出来るのなら丁寧な運転を心がけて、同じタイヤを長期的に使用出来るようにしたいですね。