O・Z(オーゼットホイール)

日本国内のホイールメーカーはたくさんありますが、外国におけるホイールメーカーとしてはドイツのBBSのように日本でも幅広く知られている会社もあります。

そのドイツと同じヨーロッパの国であるイタリアにおいてはO・Z(おーゼットホイール)が有名なホイールメーカーとされています。

自動車部品メーカーとしてホイールを製造するこの会社ですが、1980年代からモータースポーツにおける数々のシーンにおいてこのメーカーのホイールが見受けられました。

フォーミュラはもちろんのことドイツツーリングカー選手権であったり、ルマン24時間レース、パリダカールラリー、世界ラリー選手権などヨーロッパのメーカーだけあってかヨーロッパ圏におけるモータースポーツのシーンで見かけることが多いブランドとしても有名です。

特に世界ラリー選手権においては2003年においてワークスチームのホイールのシェアがなんと100パーセントを達成すると言うほどに普及率があり、ラリーではこのオーゼットホイールが愛されて指示されていると言っても良いでしょうし、2011年には設立40周年を迎え、これから先のラリーにおいてもこのメーカーのホイールが診られることは間違いないと言っても良いでしょう。