マグネシウムホイール

アルミホイールは軽く、その用途は燃費や運動性能の向上になります。
ですがそれよりもさらに燃費や運動性能の向上が必要とされるようになり、そうした敬意で開発されたのがマグ召し生む合金を試用して作られたマグネシウムホイールです。

これは一般的な乗用車には使われることはほとんど無いと言っていいですし、目にすることも余りありません。

なぜならこのマグネシウムホイールはサーキット専用のホイールとも言っていいほどに軽量で運動性能の向上に一役買っているホイールであり、生産に関しても量産がしにくく、それゆえ値段も一般のホイールと比べると大変効果であります。

それに何よりも塩分やそれによる腐食に弱く、さびやすいので保管にも十分に気をつけなければいけません。

それからこのマグネシウムホイールにはもう一月をつけなければいけない点があり、それはタイヤがパンクしてホイールが地面につくと摩擦で発火してしまうことです。

発火すると普通のホイールとは違ってマグネシウムが原料なので水で消火することができず、かえって悪化させてしまうので消火器も積んでおかなければいけません。

このように性能を求めたホイールではありますが、その取り扱いやトラブルには十分に気をつけなければいけないものであるともいえるのです。