スチール(鉄)ホイール

一般的な乗用車やバス、トラックなどに取り付けられているのがスチール(鉄)を材質としたホイールになります。これは私達が最も自動車を所有する、または自動車に触れる機会で多く目にするホイールであり、通称「てっちんホイール」と呼ばれるものでもあります。

このスチールホイールの特徴は他に良く見かけるアルミホイールと比較してみても生産にかかるコストが安いために量産がしやすく、パンクしたとしてもリムだけを引きずって相当な距離を走ることが出来ます。

しかしその半面アルミホイールより重いのでデザイン面での加工がしにくかったり、重さがあるので運動性能にはどうしても劣ってしまうことは否めません。

またアルミホイールでも鋳造で作られたアルミホイールの種類やデザインによってはスチールホイールよりも重くなることがありますので、この場合にはアルミホイールのほうが必ずしもスチールホイールより軽いとは言い切れないのも特徴です。

このスチールホイールはシルバーのアルミホイールとは違って大体の場合がグレーであり、このホイールの上にプラスチックで出来ているカバーを被せてデザイン面での無骨さを文字通りカバーしようと言うことが一般的になっています。